高性能マスク「SS99 / SS95」

私たちは命を守る最高の機能を持ったマスク作りに情熱をかけています。医療現場や介護ホームなどウイルスのリスクが高い場所では大きなリスクを背負いながら専門家が毎日立ち向かっています。高品質なマスクを確保することが難しいという状況を何とか解消したいという思いで、世界でも類を見ないハイレベルな常用マスクの開発を行ってきました。その結果こそがSS99であり、SS95です。

自信をもって私たちのオリジナルマスクSS99とSS95をご紹介いたします。私たちの工場はフル稼働を開始する段階であり、日本にて医療用と記載できる薬機法に則った認定はまだ受けておりません。しかしながら製品は業界でも最高品質の医療用不織布を贅沢に使用しており、今現在販売されている他社マスクと比べてもハイクラス仕様のマスクと自信を持っております。

利益を追求していれば到底実現できないレベルの材料を使用しており、日本の技術力で品質の良いマスクを低価格で提供したいという経営者の思いが詰まっているのです。是非一度、この高品質なマスクをお試しください。

4つのトップクラス性能

1. フィルタ性能

2. 抗菌性能

3. 非浸透性能

4. フィッティング

1. フィルタ性能

弊社では品質の安全性を出来る限り担保するため、世界的に使用されるマスク基準を提供するASTM(米国試験材料協会)の医療用マスク基準であるASTM F2100-19を選定基準として使用しております。

この基準は、医療機関にて使用できるよう、血液の飛散などによる感染を防ぐ為の非浸透性なども評価基準に含まれております。弊社は日本の薬機法における承認を得ておりませんので、正式に医療用と申し上げることは今のところ出来ません。しかしながら、必要に応じて医療現場で使用いただいてもリスクに対処できるよう、その性能をASTM F2100-19にて基準をパスした紙及び組み合わせの不織布セットを使用し、安全性を担保しております。

SS99 と SS95 のフィルタ構成比較

SS99 と SS95の違いはフィルタ構成にあります。下図は、フィルタの構成材料とその順番を示しています。一番最初(一番左)のスパンボンドは一番外側の材料、最後(一番右)のスパンボンドは顔に当たる材料を示しています。SS99の構成から、最初のメルトブロウンを省いたものがSS95であり、その他の材料や構成は全く同様です。SS99は徹底的に安全性に舵をふったものですが、当然息のし辛さはございます。それで息のし易さの為に1枚フィルタを省き、安全性とのバランスを図った商品がSS95となります。

SS99 / 5層フィルタ構成

スパンボンド
(撥水)
<外側>

メルトブロウン

ホットエアコットン

メルトブロウン

スパンボンド
(ソフト)
<内側>

SS95 / 4層フィルタ構成

スパンボンド
(撥水)
<外側>

ホットエアコットン

メルトブロウン

スパンボンド
(ソフト)
<内側>

各構成不織布の説明

スパンボンド(Spun-bound)- 撥水タイプ / ソフトタイプ

 スパンボンドは原料樹脂から得られる連続した長い繊維を直接集積して形成されるもので、連続した繊維で形成されているので、引っ張り強度が強い特徴があります。弊社のマスクにおいては最初のフィルタ、および最後のフィルタとして使用しています。この2枚は同じスパンボンドですが特徴が異なるものを採用しております。外側に位置するスパンボンドは、撥水機能を持った医療用素材を採用しています。口に当たる内側のスパンボンドは、肌触りのための層であり、ソフトなスパンボンドを採用しております。

    メルトブロウン(Melt-blown)

    メルトブロウンは、樹脂を溶融し、ノズルの周囲から噴射する高温エアにより繊維を細かくしシート状に集積したもので、細かい繊維だけを用いた不織布です。それでこれがマスクのフィルタ機能を果たす重要な層になります。弊社のマスクでは1枚で98%以上の微粒子透過率を誇る最上級のメルトブロウンを選択しております。

    SS99は99%以上の微粒子透過率を実現するため、このフィルタを2か所に挿入して性能を担保しております。SS95では同じ98%以上を捕集可能なメルトブロウンを1枚使用して95%以上の透過率を確保しております。若干のオーバースペックではありますが、製造ロットにより若干の品質の波は生じてしまうため、いつでも95%以上の数値を担保する為、このフィルタが採用されました。

    ホットエアコットン(Hot Air Cotton)

    ホットエアコットンは融点の低い繊維を混ぜた立体的なフォームを作り、そに熱風を当てることで、立体的な繊維構造をそのままに、低融点の繊維の部分が接着することで、弾力のある材料となっています。N95マスク等で使用される一種の充填材で、マスクにふわふわしたソフトな感触や弾力性、強度を持たせるために採用されています。保温性、吸湿性、通気性に優れた素材であり、着用者の快適性を高める役割をします。弊社のマスクでは両タイプのマスク共に使用されています。

    2. 抗菌性能

    マスクの外側には弊社が開発し特許を持つ強力な抗菌材をコーティングしております。この抗菌剤は長きにわたる弊社のホテル清掃の必要から開発されたもので、長期にわたりコーティングされた層に付着したウイルスや細菌を複合金属イオンの抗菌作用で強力に除去します。この抗菌処理によりマスクの表面に触れてしまう事による接触感染リスクを低減できます。

    3. 不浸透性能(撥水)

    マスク外側のスパンボンドは飛沫が最初に付着する部分になります。それでこの商品では医療用として使用されるハイグレードな撥水機能を持ったスパンボンドを使用しております。医療の現場では勢いよく血液が飛散する状況も生じるため、圧力が加わった場合の浸透を防ぎ、血液からの感染リスクを考慮する必要があります。日本にはサージカルマスクの基準が存在しませんので、医療用マスクの基準に達するマスクとする為米国のASTM(米国試験材料協会)が定める素材条件を考慮にいれて素材を選定しております。SS99では、現在そこに規定される血液浸透性項目にてレベル2という真ん中のグレードとなる、140という数値の医療用撥水性スパンボンドを採用しています。これにより、医療の現場での使用にも耐えうる不浸透性能を持ったマスクに仕上がっております。

    4. フィッティング性能

    マスクのにおいて、フィッティングは非常に重要な要素です。マスクのフィルタがどれだけ優れていてもフィッティングが悪く空気が隙間から出入りするならフィルタの意味がなくなってしまい、感染リスクを高めます。残念ながら広く出回るサージカルマスクではフィッティングに性能に限界があり、気を付けてはいてもウイルスの流入が生じやすい状況を作り出します。それで弊社は様々な形を検証し、フィッティング性能の高い、中国規格KN95で使用される形のカップ型シェイプを採用しました。多くの場合、360度隙間のない着用が可能です。これにより高性能なフィルタが効率よく機能し感染から着用者を守ることができます。一つのサイズではどうしても全ての方のお顔にフィットさせることが難しいため、ウイルスから守れるマスクを多くの方に提供したいと言う考えのもと、弊社では今後いくつかのサイズ違いの販売をスタートさせる予定です。